国内での男性CAの採用

他の国の事情は置いておいて、日本では、CA=女性の憧れの仕事。そんな女性だらけの業界に男性として飛び込んだ僕だが、日本人で男性で客室乗務員をしている人ってどのくらいいるんだろう、、、、?とふと思う。

CA受験時代、国内大手はどちらもCA専門職として男性を採用しないスタンスと知った時は大きなショックだった。確かに、利用したときに男性をお見かけしたことはないかも?男女雇用機会均等法だとか、女性の人権だとか、女性にフォーカスされた活動の多い昨今だが、男性に対してCAへの門戸が開かれていないというこの状況もどうなんだろうと。その逆もしかりで、意欲も能力もあるが女性だからと厳しい立場に置かれてしまう人もいるだろう。

とはいえ、職業と性別の関係はなかなか面白い。適正だとかを除いて、性別で大きく分かれる職業もある。看護師なんて以前は女性がメインで看護婦と言われていたわけだし。今は差別用語なのかな。

航空業界で言えば、女性ばかりのCAとは反対に運航乗務員は圧倒的に男性が多い。女性機長は女性だからという理由もあってか、会社のプレスリリースに載ったり、広告に起用されたり、イベント・チャーター便への乗務担当になったりと話題性が高いのも事実。やはり少ないから珍しいのだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 男性CAの話にもどるが、日系大手にも男性CAはゼロではない。彼らは総合職の方々で一時的に客室部に在籍しているのだという。よって、実質ANAJALもCAを目指す男性が受ける会社ではない。この国際化社会において女性のみを採るというのはどういう事情なのか不思議。

現在、国内でCA採用をする航空会社は30社弱はあるが、男性を採用している会社はそのうち実に8社。以下に挙げるLCC各社と新興航空会社と呼ばれる数社のみという現実。

スカイマークスターフライヤー、エアドゥ、ソラシドエア

ピーチ、バニラ、ジェットスター、スプリングジャパン

 

受けられる会社が限られるということは、その後のキャリア展望や得られる環境も限られてしまうということ。

性別関係なく、多くの人がなりたい職業を見つけ、そこで活躍するというのは素晴らしいこと。日系大手には、ぜひとも男性へも扉を開いてもらいたい。もっと国際的なスタンダードのある会社になりますように。