ネタの宝庫!中国の空を飛ぶ日本人男性CAのブログ

ふぁんいんでんじー!中国と日本の空を飛ぶ日本人男性客室乗務員です。。中国・CAあるあるから辛口トピックまで発信中~

各国CA事情

CAが憧れの仕事と言われるのは、東南アジアの一部など後進国が多いとニュース記事か何かで読んだことがある。

この憧れというのは、日本でいう憧れとは少し異なり、雲の上の存在の手の届かないという意味のものらしい。というのも、後進国においてのCAというのは英語が話せる人、つまり教育水準が高いお金持ちの子女にしかなれない職種だからだという。

とはいっても、東南アジアでは各国でLCCが台頭しているわけで、CAがごく限られた人だけがなるものという見方は変わってきているだろう。

 

一方先進国ではどうなのか?

欧州では、CAは空のお茶くみと揶揄されることがあるほどで、大卒者がなるなんてもったいないとまで言う人もいる。確かに、緊急訓練などの特別な知識を学ぶけれど、安全面以外の普段の仕事内容は基本的にカフェなどと大差ないわけで、これはわかるような気がする。

けれど同時に、CAをサービス業のトップと考える人もいるようだ。例えば、昔からの老舗キャリアのビジネスやファーストクラスを担当する乗務員というのは、非常に洗練されたサービスやユーモアのセンスを持っているだろうし、そうあってほしい。 

 

アメリカではCAは人気がないと聞いたことがあるけど、これはどうなんだろう?

CAの年齢層が高い、おばちゃんおじちゃんばっかり、、、、なんて口コミも読んだことがある笑

ベテランが機内にいるのは大切だけど、ある程度はフレッシュさもほしいのはよくわかる。新人と中堅とベテランとバランスよく機内にいるといいかも。

 

個々の考えだけでなく、国によってイメージが大きく異なるのは面白い。

でもお茶くみと言われるのは腹がたつから、そんなことを言わせないようなイケてる客室乗務員を目指さないと。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ