Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本人であること

中国にいる場合、日本人であることのメリットを時々感じる。

以前反日だとかの記事を書いたが、中国人に日本人だと言うと基本的に皆いい反応をしてくれる。

hiyoko-ca.hatenablog.com

 

日本人なの?中国語上手だね、どのくらい勉強してるの?おれ、柯南(名探偵コナンのこと)大好きなんだ!北海道と沖縄ならどっちがいい?粉ミルクはどのブランドがオススメ?ガンダムのフィギュアどこで買える?

などなど、質問責めにあって困るくらい。


一方、欧米人と会う時にもアジア人だけど中国人と違うものや親近感を感じるのか、親しげにこちらもたくさん話しかけてくる。

あくまで、僕の個人的な感覚だけど、日本人であることがプラスに働くことの方がいい。


ただ、ここでひとつ言っておきたいのは、日本人であることをステータスだとか優越感に浸れるものと考えてるわけではないということ!
残念ながら会社の日本人CAや知り合いの中国駐在の人の中には、そのような考えを持っている人もいる。もちろんごく一部。

たしかに中国は発展の勢いはすごいとはいえ、はまだまだあらゆる側面で発展途上国であることは否めない。何と言っても人口が多いわけで、母数が多いのだから中流階級より下の人々が多くなるのは当たり前のこと。

けれど、国籍なんてたまたま授かったもの。たまたま先進国の仲間入りをした今の日本に生まれたからラッキーなものの、時代が違えばどうだったかわからない。プライドや自尊心というのは、自分の努力や経験に由来するものであって、日本パスポートだから上だとかという考えの人をみると恥ずかしい気持ちになる。

 

さらに、日本国籍帰化した人への風当たりも強い。上手いことやって日本人の旦那捕まえて日本国籍取得してちゃっかり強かな女がうんぬん、、、言いたい放題失礼なことを平気で言う低レベルの日本人もいる。一緒にいて恥ずかしいなあ、、、

結婚なんて打算的な部分が少なからずあるのは日本人同士の結婚でも当たり前だし、その人がどんな思いで日本人と結婚して帰化したのか、その過程で経験した葛藤などもう少し考えてもいいと思う。

帰化したい気持ちがあったとしても、自分のバックグラウンドやアイデンティティとの戦いが一生待ってる。親戚になんて言われるか、親兄弟はどう思うか。帰化したところで書類上の話、頑張っても日本人ではなくあくまで帰化した中国人にしかなれないかもしれない。

そもそも、他人が帰化しようが何しようが自分には関係ないわけであって、僕がもし中国人だったら日本国籍取得できたらと思ったかもしれない。


別に中国のことを下に書くつもりも日本を上に書くつもりもないが、日本人であることでラッキーだったこともあれば、それに関連して日本人から嫌な気持ちにさせられることも多い。

放っておけばいいのに、人って勝手なこと言うものだな。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ