ネタの宝庫!中国の空を飛ぶ日本人男性CAのブログ

ふぁんいんでんじー!中国と日本の空を飛ぶ日本人男性客室乗務員です。。中国・CAあるあるから辛口トピックまで発信中

漫画日本語

中国では日本の漫画やアニメ映画ドラマが大人気!同僚となるクルーの大部分を占めるのが20代30代の同世代なので、特に漫画の話題で質問責めになることがある。

だけど、困ったことがひとつ!

それが、漫画のセリフで覚えたおかしな日本語を日本人のお客さんに使ってしまうこと。

日本語は、一人称が多いし語尾の細かな使い分けでかなりニュアンスが変わってくるが、漫画の中の言葉というのはかなりカジュアルな表現が多い。例えば、キャラクターの男らしい雰囲気や性格を表す場合、少々粗野で下品な言葉使いも使われる。

けれど、そこで学んだキャラクターの口癖やら、有名なセリフやら、対お客様では使ってはいけない種類の言葉と知らずに使ってしまう、、、

以前びっくり仰天させられたのは、中国人男性クルーがミールサービス中にその漫画日本語で日本のお客さんに対応してしまった時のこと。


はじめ中国語で話しかけたが、お客さんが中国語の分からない日本人だったと分かると

「あ、ニホンジン?ニホンジンッ?めし、なに喰う?」

お客さん、思わず苦笑


僕、

うああああーーーやめてーーー笑

 


「日本のお客様でしたか、失礼いたしました。お食事はどちらを召し上がりますか?」なんてレベルは求めてないけど、[めし]と[喰う]はダメダメ!絶対ダメ!!笑

こういう時、このお客さんのように皆さんだいたい驚きながらも苦笑いしてるからいいけど、分かってはいても怪訝な顔をする方もいるので、こちらはヒヤヒヤものです。それに恥ずかしい、、、、

タイミングを見てその後も声をかけたりしなきゃいけないので仕事が増えるし!笑

ちゃんと日本語を勉強したわけではなく、細かい敬語のルールや場に即した言い回しを知らないのは当たり前で、[めし]や[喰う]が日常的に使われる言葉だと勘違いしていただろうから彼を強く責めることはできないんだけど、

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

くだけた言葉と接客の丁寧な言葉の違いは中国語にだってあるわけだし、不用意に怪しい日本語を使われるのは困るなぁ笑