ネタの宝庫!中国の空を飛ぶ日本人男性CAのブログ

ふぁんいんでんじー!中国と日本の空を飛ぶ日本人男性客室乗務員です。。中国・CAあるあるから辛口トピックまで発信中~

シニョン族

これまでかれこれ10社以上は客室乗務員採用を受けてきて、ラッキーなことに某国内エアラインと現在の会社から内定をもらい、日本脱出を選び今に至るわけだけど、CA採用試験というのは異様な雰囲気がある。

そんな面白い?CA採用あるあるについて。

 

当たり前と言えば当たり前だけど、エアラインの採用試験は航空会社オフィスで行われることが多いため、空港が集合場所となることもある。

ある中規模の国内系の試験では、羽田のレストランのある階に集合になり、時間になると担当の方がバックヤードのオフィスがあるエリアに案内してくれたこともあった。 

 

さて、そうした試験の日に早めに到着すると、あっちでもこっちでもシニョン族がいるのにる気づく。

お土産エリアをふらふらと歩いていたり、飲食店で応募書類やノートを見返していたり、同じ会社を受けるお友達同士でお茶してたり、、、

これは、貸会議室やホテル宴会場を使って行う外資系の面接会場でも同じ。会場そばのカフェでノートを広げるシニョンさんか、スマホ片手(地図?)どこか場所を探している様子のシニョンさん、こんな人がいたならば、それは確実に同じ会場へ向かう受験生。

次から次へとシニョンさんがあちこちから現れる光景はそれはそれは異様。周りの人もなんなんだろうこの人たちは?と言った感じでよく見ている。

空港だとなおさら。制服姿の地上職員や客室乗務員でもないのに、しっかりメイクにシニョンのまとめ髪ときたら、ほぼ100%受験生ではないかと。

いたるところにシニョン族がぽつぽついるのは本当に変な感じだし、それが例えば新卒のリクルートスーツだと、面接や説明会を終えて一斉にどこかから出てこようものなら、きっとそれはまるでアリの集団のように見えるだろう笑

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

皆さんが空港を利用したときにスーツのシニョン族と出くわしたならば、それはCA受験生かもしれませんね。