ネタの宝庫!中国の空を飛ぶ日本人男性CAのブログ

ふぁんいんでんじー!中国と日本の空を飛ぶ日本人男性客室乗務員です。。中国・CAあるあるから辛口トピックまで発信中

日本の空に男性を!!

https://withnews.jp/article/f0170809001qq000000000000000W06o10301qq000015657A

最近、同僚・後輩や他社で飛んでる男性の友人と話題になった記事。ぜひ上のリンクを読んでいただきたいですが、簡単に一部文面も下記に抜粋しておきます。

海外系の航空会社では、男性のキャビンアテンダント(CA)が普通にいますが、全日空ANA)や日本航空JAL)は女性ばかり。ジェンダー法学の専門家は「男性がここまでいないのは異常」と評します。男性は採用していないのでしょうか? 各航空会社を取材しました。

女性CAばかりの状況について、ジェンダー法学が専門の三成美保・奈良女子大副学長は「男性がここまでいないのは異常です。CA職の基本は保安要員なのに、保安業務はめったに起こらないから、サービス業務が主に見えてしまうのです」と話します。

 「客層のあり方も今は変わっていて、ビジネスの女性客も多く、家族連れも増えました。かつてのような男性客を想定した女性のCAという対応関係はもはや成り立っていません」と話したうえで、「問題は女性がやると必ず賃金が下がるのです。そこが大きな問題です」と指摘します。

 

なぜJALANAは、専門職の男性客室乗務員を採用しないのか!何度も何度も考えてきたこの問題についてまとめられているので、少しでも多くの人に周知されるきっかけになったらと思う。

また、これまでに昔のJALを知る方々数人とお会いし直接お話を伺う機会があったので、そこからも日本の異常なCA採用の現実と理由が少しでも掴めるかもしれない。特に客室乗務員を目指す人には、男女ともにぜひ考えてもらいたいテーマです!

 

正式に会社が発信してることではなく人から聞いたことだと予め断っておくが、こちらの記事でも触れていたように、僕が把握していた範囲でも人件費削減という背景があるのは事実のよう。

僕が聞いたお話では、70年代にボーイング747型機-いわゆるジャンボ機-を導入する際のJAL社内で、大輸送時代を迎えるに当たりチーフパーサーなど機関要員としての男性客室乗務員の必要性がさけばれ始めた。

そして、非常に差別的ではあるけど、女性にはこのような重要な職務が務まらないとの風潮もあったんだとか。記事内では51年に初めて採用したとあるけど、より男性採用が活発化したのはもう少し後のことになるのか?男女比などの詳細はわからないが、いずれにせよジャンボ導入というのが大きな契機になったようだ。

 

ところが、実は男性を大勢雇うにはひとつデメリットがある。それは人件費が高くなる一方だということ。

女性の場合は、結婚・妊娠・出産といった大きなライフイベントをきっかけに退社される方も多い。まあ、どんな業界に限らず。

けれど、男性は?こうした転換期の有無に関わらず女性と比べれば辞める人が少なく、必然的に勤続年数も年齢もあがっていく。パーサー、教官、管理職、、、と昇進もするだろうから給与水準も比例して高くなってくる。人件費を下げるのが難しくなるのは当然かも。

人件費の問題だけではないが、様々な理由や時代背景により男性から女性にシフトされ、今となってはCAと聞いて男性をイメージする人はほとんどいないだろう。

 

記事内にあるように、国内の男性CAを取り巻く環境は少しずつ改善されてはいる。夢があるのにその夢は理解に苦しむ慣習によって阻まれており、悲しく悔しく、憤りも感じてきたから、その点は一条の希望の光だ。

今後より一層状況が好転し、いつか転職を考える際に男性の自分でも日系大手を気持ちよく受験できる日がくることを願う。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

 

 

男性もいた方が仕事そのものだけでなく、職場環境もかなりよくなると思うんだけどなあ。女性しかいないって、、、恐ろしすぎる!

そりゃ日常的なマウンティングやイジメ、はたまた要注意パーサーリストが出回ったりしますよね。まさにバラの園。

いつまでたってもお上は変わらないというか、因習的で改革改善の少ない様子はまさに歴史の長い大手企業病の典型。時代は変わっている。JALANAにはもっと時代に追いついてほしい。